業界用語集

IP
Internet Protocol

インターネットで使われているネットワーク層のプロトコルのこと。wwwやメールなど、インターネットを流れるデータは全てIPプロトコルによって運ばれている。
アイリス
Iris
カメラの絞り。被写体によって明るさを絞ったり開いたりして、明暗の度合いを調節する。
アーカイブス
Archives
記録の保管場所のこと。放送局では、再利用に備えて、過去の貴重な映像を保存している。
あおり 被写体を下から見上げるような角度で撮影するカメラアングルのこと。
AVID 米AVID社のノンリニア編集ソフト。弊社も使わせていただいています。
AD アシスタントディレクターの略。ディレクターの手足となって演出を学ぶ仕事。一般的に労働条件は非常に厳しいです。
AP アシスタントプロデューサーの略。プロデューサーの手足となって制作業務を学ぶ仕事。デスク業が中心の仕事です。
アクセントライト 被写体の一部を強調する役割の照明。画面のアクセント効果をねらうもの。
カメラの三脚のこと。ちなみに三脚上部のカメラを設置する台の部分を「ふね」という。
アスペクト比 長方形の縦横比のこと。画面サイズのことをこう呼ぶ。一般のテレビは、横:縦=4:3である。最近は16:9のハイビジョンサイズが一般的になりつつある。
あたま撮り 会議などのニュース等で、冒頭の数分のみ撮影すること。閣議などの国会では冒頭の2、3分の撮影をしている。
アップコンバート
Up-Convert
525方式で撮影された映像をハイビジョン方式に変換すること。(Up-Convert)現状ではβCAMからHDCAMやD5にコピーすることが多い。アスペクト比の都合により、画面の両端は「黒み」になる。逆はダウンコンバート(Down-Convert)で、「両切りサイズ(edge clop)」または「レターサイズ(letter box)」を選んでコピーする。
アナバス アナウンサーの胸から頭までが映る画面サイズ。アナウンサーが一人で画面に写る際に撮られるサイズ。略して「バスト」ということもある。
アナブース アナウンサーやナレーターが入って放送・録音をするための防音構造の小部屋。通常2重窓があり、マイクやモニターなどがある。
アバン 番組の冒頭のシーンのこと。タイトルの前に置かれるシーンのこと。
アフレコ アフターレコーディングの略。撮影現場では、本番どおりに台詞を話し、同じ台詞を後から収録すること。
アップ クローズアップの略。
アップリンク
Uplink
地上局から通信衛星に電波を送信すること。逆に衛星から地上局に電波が送られてくることを「ダウンリンク」という。
アッセンブル編集 画像、音声(2チャンネル)、CTLの信号を同時に収録しながら編集する方法。映像のアウト点の信号が乱れるのが欠点。
荒編(あらへん) たくさんの素材から、必要なカットだけを選び短くまとめる作業。番組の一編や、素材の資料化、他局送りの時などに行う作業。
アンカー ニュース番組などの総合司会者のこと。ドラマで使われているが、業界的にはあまり使われていないと思われる。
アングル カメラアングルの略として使われる。撮影するときのカメラの角度のこと。
アンダー/オーバー 光量不足などの理由で被写体が暗く映ること。逆に明るすぎることを「オーバー」「飛んでいる」という。
アンダースキャン 業務用ビデオモニターで映像の隅々までモニターするために、周辺の映像信号の無い黒い領域まで表示させること。
イーサネット
Ethernet
現在パソコンやワークステーションなどで広く利用されている低価格で技術的に成熟したLANシステムのこと。
ECS(イーシーエス)
Electronics edit Control System
番組編集などでオフライン編集をした後、その編集データを元にマスターテープをつくる編集を自動的に行うシステム。また、番組編集後に画質補正をしたり、スーパー入れを行う作業。一部の放送局で使われている言葉。
EDL(イーディーエル)Edit Decision List 編集機で設定した編集点などのデータの事。マスターテープをつくるための編集を行う場合、作業効率をよくするため、あらかじめ素材をプレビューし、どの部分を使用するか作業前に決めておくデータの事。EDLには、素材や収録テープのタイムコード、編集点のトランジションタイム、リールナンバーなどが示されている。
EPG(イーピー-ジー) 
Electronic Program Guide
電子番組ガイドのことで、データ放送で番組表や内容を表示する機能のこと。
板付き 出演者がその場にいること。板は舞台の意味。⇔フレームイン
入中/出中 ある局が他の局から番組を受けることを「入中」、他の局に発信する状態が「出中」という。ネットワークで番組を送り出す局は、「発局」という。
色温度 光の色度を温度で表現したもの。スタジオの照明は3200K、太陽光は5600Kが基本。色温度の低い色は赤、高い色は青。どんな光源でも正しい色温度で撮影するために、カメラの「ホワイトバランス」を調整する必要がある。
1V(インチ) 1インチテープのこと。かつて、業務用テープの主流だった。テープの幅が1インチ(=2.54cm)であったことからこう呼ばれる。今から思うととっても重いテープでした。
インタビュアー インタビューをする際の聞き手のこと。インタビュアーの仕事は、質問するのではなく、相手の心の中に入り込み、本質を聞き出すのが本来の仕事。
インターレース
Interlase Scan
走査線を1本おきに使って画像を表示する方式のこと。一般的に走査線の数と合わせて480i(現行NTSCテレビ)、1080i(ハイビジョン)という呼び方をする。有効走査線を上から順に走査する方式は「プログレッシブ走査」。
インサート編集 画像、音声(2チャンネル)、CTLの信号を個別に収録する編集する方法。Out点での信号の乱れがない。業界では、映像、音声の個別編集が行われるため、この方法が一般的。ただし、事前にCTLを収録しておく必要がある。
インサートV 中継や記者解説などの途中に流す関連映像のこと。
イン点/アウト点 ビデオ編集を行う際の編集開始、終了点の事。
インピーダンス 交流電圧の電流に対する比率。マイクの規格表などによく表記される。
ウィンドスクリーン マイクに付ける風防。風の音や呼気音(ブレスノイズ)をカットしたいときに使用する補助具。
上から/下から スタジオ内のスタッフや伝送先の相手と、収録開始のタイミングを合わせる時に使う合図のこと。時計の秒針が上を指す時(0秒)から開始する場合、「次の上から行きます」、秒針が下を指す時(30秒)から開始する場合、「次の下から行きます」という。
ウエスカム カナダ・ウエスカム社の航空撮影用の防振装置。ヘリコプターなどに搭載されたカメラの代名詞になっている。
ウェーブフォームモニター 波形管で、映像信号の状態を示す機械のこと。映像の状態を見るために使用される。
受け/送り 他の放送局や現場などから映像(素材または編集分)をもらうことを「受け」、提供することを「送り」という。
エアショット(和製英語) ヘリコプターや飛行機などから撮影する、空中撮影の映像の事。台本等では、「AS」と略すことが多い。
エアモ二 エアーモニターの略で、放送波を受信して内容を確認するためのモニターのこと。中継先でリポーターがイヤホンで放送を聞くための音声モニターのこともこう呼ぶ。
SE(エスイー)
Sound Effect
効果音の事。コメントの後ろで現場の音を使うとき、「SEをいかす」という。また、現場の音を効果的につけることを「SEをつける」ともいう。コメントをせず、実音やインタビューを使う事を「ON(オン)」、全く音を使わない場合を「OFF(オフ)」という。
ADSLA
symmetric Digital
Subscriber Line
既存の銅線電話線(メタルケーブル)を使って高速データ伝送をする技術のこと。複数対の加入者線を使う「HDSL」や、ADSLの超高速版の「VDSL」などもある。
A/Bロール編集
(エービーロール)
2台の再生機を使う編集。作業を効率的に進めることが出来る上、オーバーラップなどの多彩な効果が一度にコントロールできる。
エレクトレット
コンデンサー
マイクロホン
マイクの構造別種類の一つで、この構造の場合、電源はFETヘッドアンプ用のみで済む。
エフェクト 元の素材に何らかの効果を与えて加工すること。多くが、映像加工のことをこう呼んでいる。
FF(エフエフ)
Full Figure
全身像。人物の頭から足までの全身を画面一杯に写すサイズ。
FV(エフブイ) フィルムの映像をVTRにコピーすること。「テレシネ」ともいう。
FU(エフユー)
Fader Unit
アナウンサーやナレーターの手元にあるマイクのスイッチ。これを上げないと音声がオンラインにのらない。
HDTV
(エイチディーTV)
High definition
television
高精細度テレビのこと。16:9のアスペクト比で、現行のテレビに比べて走査線の数が多く(1125本)、きめの細かい映像が見られる方式。
MA(エムエー) 映像につける音(同録・SE・ME・効果音など)を適切につけたり、音量のバランスをとったり、加工したりと音声に関する作業をすること。マルチ・オーディオの略である。
MPEG
(エムペグ)
Moving Picture
coding Experts
Group
映像と音声を非可逆圧縮しながらデジタルデータにする方式。画像の解像度などによって、ビデオCDなどに利用されているMPEG1、デジタル衛星放送などで利用されている高画質を目指したMPEG2(525SDTV・HDTVを含む)、携帯端末など低速回線向けのMPEG4などがある。BSデジタル放送では、DVDなどと同じくMPEG2によって放送される。圧縮率は約1/40だが、HDTVに耐えられる画質を表現できる。
MII
(エムツー)
松下とNHKが開発したフォーマット。1/2インチVHSメタルテープを使い、90分の記録が可能。
NTSC
(エヌティーエスシー)
National
Television System
Committee
日本やアメリカ、韓国、カナダ、メキシコなどが採用しているカラーテレビの方式。白黒とカラーの両立を考えて開発され、水平走査線は525本、29・97フレーム/秒。
NDフィルター カメラのレンズに取り付ける光学フィルターの一つ。映像の色彩に影響を与えないで明るさを下げる役割をする。
N−1
(エヌマイナスワン)
生中継などで、スタジオの音声だけを中継現場に送り返すための回線。放送されている音声を現場で流すとハウリングがおこる上、リポーターは自分の声が遅れて聞こえてくるため喋りづらくなるため、このような措置をとる。
SDTV
(エスディーTV)
Standard definition
television
標準テレビ方式。日本のBSデジタル放送では「480i」や」「480p」による放送を指す。⇔HDTV 
エンコーダ
Encoder
情報を符号化する装置やソフトウェアのこと。⇔デコーダ(Decoder)
エンコード
Encode
ある信号からデジタル符号を作ること。逆にデジタル符号から元の信号を復元することをデコード(Decode)という。エンコードの目的には、アナログ信号をデジタル信号に変換する、デジタル信号の冗長度を減らす符号方式を採用して圧縮し、伝送あるいは蓄積するデータ量を減らす、誤り検出や訂正ができるようにする、などがある。
送り返し 生中継で現場とスタジオで掛け合いをする際など、現場のリポーターやスタッフが内容を把握するために聞く放送の映像や音声のこと。
オーサリング 映像、音声、文字など、複数のデータを一本のソフトウェアにすること。一般的には、DVDを作成する際の作業工程の一つをこう呼んでいる。
押し/早終 番組の項目が予定の時間より超えている(オーバー)することが「押し」。逆に早く終わるのが「早終(そうしゅう)」。押している時、スタジオには「まいてください」と伝える。
おしり 映像や時間、スケジュール等の終わりの部分をこう呼んでいる。上品とは言えないが、業界では頻繁に使われる言葉の一つである。
オフライン編集 マスターテープを作るための編集前に行われるシュミレーション編集。オフライン編集の出来によって、その作品度が決まる。
オペレーター 編集・MA作業などにおいて、機械の操作をする人のこと。機材の接続、点検、整備、操作はもちろん、正確、迅速で技にも長けている。
オンライン編集 マスターテープを作るための編集。本編編集とも言われる。最も映像クオリティの高い状態での編集作業である。ここで映像加工、テロップ入れ等を行いマスターテープが完成する。
オーバーラップ 再生されている映像又は音声が段々と消えていくにつれて、他の映像または音声が段々と現れる加工技術。O・L(オーエル)と頭文字で呼ばれることが多い。
音声多重放送 一つの放送チャンネルに複数の音声を乗せた放送。ステレオ放送、二ヶ国語放送などの総称。
隠し撮り 事件に関わる人物などを気づかれないように隠れて撮影すること。最近では人権や映像倫理の観点からその是非が問われている。
カット 一つのシーン。編集点から編集点までの映像、すなわちカメラを回し続けて撮られた映像を1カットなどと表現する。また、直訳で切るという意味で、映像や音声を落とすときにも使われる。
カット表 映像編集の際、全てのカットをタイムコードとともに記録した表のこと。これをもとにオンライン編集が行われる。
カノープス 映像関係のPCソフトメーカー。このメーカーの映像編集ソフトを使ったノンリニア編集システムを総称していう場合が多い。
上手/下手
(カミテ/シモテ)
画面右が「上手」、左が「下手」。
カラコレ
Color Corrector
映像編集の際、全てのカットをタイムコードとともに記録した表のこと。これをもとにオンライン編集が行われる。
カラーバー
Color Bar
カラーテレビの調整に利用するビデオ基準電気信号のこと。RGB3色と、白、シアン、マゼンダ、イエローの7色を輝度成分のレベルの順に左から配列してある。マスターテープの冒頭には、必ず収録される。
完パケ 「完全パッケージソフト」の略。「完プロ」とも言う。コメントとスーパーを付けて完成させたマスターテープのこと。編集しただけのものは、「クリンピクチャー」「SE分」「中間素材」などと呼ぶ。
カンペ カンニング・ペーパーの略。一般的に使われる意味とほぼ同じ。例えば、カメラに向かって話している出演者に見せる、話の内容を書いた紙のこと。
キーライト 被写体に対する主光線。メインライトとも呼ぶ。
キャスクロ キャスタークロマキーの略。ニュースキャスターの肩の上に背負っている写真やイラストのこと。「しょい」ともいう。VTRの映像を使うことは「Vクロ」という。
キャプション VTRの撮影内容をメモしたもの。映像取材の初めや最後に、撮影場所や時間のメモを写すことを「写しこみキャプション」、音声で情報を吹き込むことを「ボイスキャプション」という。
キャラクター モニター上に表示するVTRのカウンターの事。映像制作の際に素材のタイムコードを画面に写しこんだまま編集を進めると、このタイムコードを頼りにオンライン編集をスムーズに進めることができる。
キュー(Q)
cue
アナウンサーに対して「読みだし」の合図。原稿の上部に「Q」の印をつける。「Qボタン」を押すと、スタジオやアナブース内の「Qランプ」が点灯し、アナウンサーにタイミングを伝えられるようになっている。また中継や取材現場などでリポートなどをする人に放送が入ったことやテープが回った入ったことを知らせる合図。
キューシート 映像、音声編集の際の作業指示表のこと。映像の内容、時間(タイムコード)、加工の種類、音の内容など、時間軸に沿って指示した一覧表。
キュートラック
Cue Track
VTRのテープに記録位置を示すためのキュートーン信号(音声)を収録するためのトラック。
クレーン 台車に、シーソー型の上下できるアームを取り付け、その上にカメラを載せたもの。俯瞰からローアングルまで、カメラポジションを自由に変化させることができる。
クレジット
Credit
素材の内容を判別するための情報の意味。マスターテープの放送に出ない部分に入れたりする。また、外部からの提供映像を使用する際に、撮影者の名前などをテロップで表示することなど。
クロマ
Chroma
色彩。明るさを表す輝度信号(Y信号)に対して、色情報を受け持つものがクロマ信号(C信号)で、この信号レベルをクロマレベルという。
クロマキー
Chroma Key
映像の一部を別の映像と合成するための方法。特定の色を色信号の差で映像を電気的に切り抜き、他の映像と合成する映像技術。クロマのレベルをキー基準に抜くためにクロマキーと呼ばれる。被写体を青い背景の前で撮影し、別の映像を合成する手法。
グループショット 人物、物などの複数の被写体が、一画面内に収まるサイズ。「GS」と略す。
けつかっちん 番組の終了時間が確定していること。また、番組が「押し」たときに終わりの余裕がなくなる状態のことをいう。最近はあまり使っている人を知らない。
ケラレ ワイド撮影のときなどに、レンズの鏡筒などで顔面の一部が遮られ、四隅が黒くなる現象。
ゴースト
Ghost
テレビ放送を受信したとき、複数回反射した電波を受け取ることにより生じる画面の乱れ。
構成表 番組やニュース企画、映像作品の取材・編集をどのようにするかを事前に、映像・コメント・尺などを表形式でまとめたもの。
コーデック
Codec
音声やビデオなどのアナログ信号を、伝送に適したデジタル・ビット・ストリームに変換する装置のこと。また受信側でデジタル信号をアナログ信号に変換する装置のこと。HV伝送には必須です。
525(ゴーニーゴ) 現行の標準テレビ(4:3)放送画面のこと。NTSC方式の走査線の数が525本であることからこう呼ばれる。しかし、実際に画面表示されるのは480本程度。PALは走査線の数が625本。
コンテ コンティニュイティの略で、連続性・継続性という意味。映像の順番にワンカットづつ映像と音声を記し、内容をよりわかりやすく表現したもの。
コンテンツ 映像ソフトのこと。中身、内容の意味。
コントロール信号
Control Signal
VTRのテープを制御するためのテープ上に記録される信号のこと。コントロール信号を記録するトラックは、コントロールトラックという。
コンポーネント信号 輝度信号(Y)と色信号(B−Y、R−Y)を独立して伝送、処理する信号のことで、コンポジット方式と比べると、情報の減少やノイズの発生が少なく、品質の高い信号を送ることができる。
コンポジット信号 輝度信号と色信号を合成して伝送・処理する信号のこと。コンポーネント方式と比べると、ひとつの系統で信号を送れるが、品質が落ちる。
再撮 スタジオ内のモニターや大型プロジェクターにVTRや中継映像などを写し、キャスター等がその画面を見ながら解説したり、かけあったりする演出方法。天気予報に頻繁に見られる。
雑感 取材場所などで、その状況を描写している映像。
サブ テレビ、ラジオなどのスタジオに併設され、機械類を操作する部屋の一つ。副調整室のこと。サブ・コントロール・ルームの略。映像、音声などを調整する部屋。
サムネール
Thumbnail
画像データが一目で分かるように小さく表示した画像や言葉。
JPEG
Joint Photographic Experts Group
静止画像の非可逆圧縮の国際規格のこと。
CS
Communication Satellite
赤道上36000キロに静止した通信衛星のこと。この衛星を利用して放送をしているものが、CS放送と呼ばれている。
シークエンス
Sequence
映像のカットが集まるとシーンになり、シーンが集まるとシークエンスになる。
試写  編集した作品を関係者で試し見すること。映像作品では、数回にわたって試写を重ねて作り直し、完成を目指す。
シブサン ソニーが開発したVTRの一種。U-MATICとも呼ばれる。テープの幅が3/4インチだったため、こう呼ばれている。1998年に生産終了。
尺(しゃく) 時間のことを示し、長ものを「長尺」、短いものは、「短尺」と呼ばれている。
シャッターバー
Shutter Bar
テレビやパソコンの画面を撮影する際に、生ずる横縞模様。シャッターの開閉と画面の同期が合わないときに発生する。シャッタースピードを変更することで、解消できる。
ジャンプカット
Jump Cut
サイズやアングルが似たようなカットを繋いだときに、人や物などの被写体が画面に突然現れたり、移動したりするように見える編集。基本的には避けるのが望ましいが、演出の一つとして意図的に行われることも多い。
ジョグダイヤル VTRのスロー、倍速など特殊な再生を行うためのコントローラー。
シンク 同期という意味。映像と音声、映像とタイムコードなど、同期させることをシンクさせるということが多い。
シングル インタビューの事。フィルムと音声の磁気テープが1本になった「シングル方式」がインタビュー取材に使われていたことから、こう呼ばれているらしい。
スイッチャー
Switcher
映像制作やオンエア時に、カメラやVTRを切り替えたりする技術者のこと。
スクイーズモード
Sqeeze Mode
16対9などの横長の映像を4対3の縦長に圧縮してする方式。4対3の画角のテレビでは、映像情報を全て見ることができ、16対9の画角のテレビでは、左右を伸長してオリジナルのサイズに戻すことができる。
スクランブル
Scramble
有料放送などで、契約しないと視聴できないように送信信号を複雑に変化させること。
捨てカット 本編の前後に数カット付け加える余分な映像。映像が早く出てしまったり、ニュースのコメントが予定より長くなってしまったときにオンエアされても不自然でなすために付けられる映像。
ステディカム
Steadicam
手持ち撮影を行うときにブレない安定した映像を撮るために使う装置のこと。映画の撮影などによく使われている。
ストリーミング
Streaming
インターネットで映像などを再生するとき、ユーザーがファイルをダウンロードしてから再生するのではなく、ダウンロードしながら再生するのを可能とする技術のこと。
スーパー
Super Impose
映像に文字や絵を上からかぶせること。テロップのこと。「ダブり」ともいう。
スプリット編集 映像と音声をずらして編集する方法。インタビューの音声を先行させるたりするときなどに使うことが多い。
スポット コマーシャルのこと。
セーフティーゾーン
Safety Zone
家庭用のテレビでは、画像情報の端は切れてしまうため、家庭用テレビで確実に写し出される画面の安全範囲のこと。映像全画面の80%が安全範囲。
接写 写真や書類、パソコン画面などを撮影すること。
全中 全国放送のこと。
走査線 テレビは、画面を発光させることにより画像が表示される。画面の発光を横一列に行い、この横列を「走査線」という。
ソラリゼーショ
Solarization
画面にブルーや白などをかけてイメージカットを作る映像加工のひとつ。通称「ソラリ」。
代表取材 裁判の法廷内映像や記者会見などで、一社が代表して取材すること。また、自社が独自に取材することを「ユニ取材」という。
タイムコード
Time Code
テープに記録される時間の情報。編集する際に、このタイムコードを手がかりに映像を探したり、自動編集を行ったりすることができる。
ダウンコンバート
down-convert
「アップコンバート」参照。
タリーランプ スタジオの入り口に設置されている、収録中を知らせる赤色灯のこと。
チャンネル1/チャンネル2 音声チャンネルの一つ。チャン1はLチャンネル、チャン2はRチャンネルこと。テープによっては、チャンネル3、チャンネル4もある。
つなぐ 映像編集のこと。例えば、「つなでおいて」と言われた場合は、「編集をしておいて」。「つなぎが悪い」と言われた場合は、「編集がよくない」ことを意味する。
ツメ テープやMD、フロッピーディスクなど、様々なメディアに誤消去防止用に付けられたもの。
DVE(ディーヴィイー)
Digital Video Effector
Digital Video Effectorの略で、デジタル映像特殊効果装置のこと。映像合成など、映像に効果を与える器械のことを総称していう。
ディゾルブ
Dissolve
ある映像が徐々に消えていき、それに重ねて別の映像が徐々に現れて来るように見える映像効果のつなぎ方。
TBC(ティービーシー)
Time Base Corrector
時間軸補正装置のこと。VTR再生時に画像の揺れを取り除くために使用する装置。
DVCPRO
(ディーヴィーシープロ)
松下の開発したデジタルビデオシステム。6・35mm幅のテープを使用するため、カセットやデッキが小型化でき、低価格で高画質を実現した。ハイビジョンに対応したDVCPROHDもある。
デイリーニュース
Daily News
毎日のニュース。
TD
Technical director
テクニカルディレクターの略で、技術スタッフをまとめる技術全般の責任者。スイッチャーを兼ねるのが一般的。
ディレクター 演出家のこと。番組を制作するにあたっての演出を担当し、現場を仕切り、現場の責任者でもある。
ティルト 垂直方向にカメラを動かして撮影した映像のこと。下から上に動かした場合とティルトアップ。上から下に動かした場合をティルトダウンという。だだし、一般的な表現方法ではなく、パンで済ませている。
データ放送 映像だけでなく文字など情報を配信する放送のこと。映像とリンクさせることで、より多くの情報を伝えることができる。
D1(デーワン) アンペックスが開発した世界初のデジタルVTR規格で、映像信号をコンポーネント処理することにより非圧縮の高画質を実現した。3/4インチのカセット方式で94分の録画ができた。
D2(デーツー) ソニーとアンペックスが共同開発した2番目のデジタルVTR。コンポジット方式だったが、周辺機器がそのまま使えた。
D3(デーサン) NHKと松下が共同開発した放送用デジタルVTR規格。1/2インチカセットに最大245分の録画が可能。
D5(デーゴ) 松下のハイビジョン用デジタルVTR規格。
D6(デーロク) 東芝が開発したハイビジョン用デジタルVTR規格。3/4インチカセットで、非圧縮で記録できる。
D9(デーナイン) ビクターの開発した4:2:2コンポーネントデジタルビデオ。S−VHSと互換性がある。
デコーダ
Decoder
スクランブルをかけられた映像・音声信号を視聴できるようにする機器で、受信側に付けられる装置。

デコーダ
Decode

デジタル符号から元の信号を復元することをデコード(Decode)という。⇔エンコード(Encode)
デジタルベータカム
Digital Betacam
ソニーが開発した1/2インチカセットテープを用いたデジタルVTR。現在、最もよく使われているVTRです。
てっぺん 午前12時のこと。不規則な業界だけに、深夜になること多々ある。「てっぺんを越えた」という表現は、深夜まで作業をしたことを示す。
テレコ 入れ替えることの意味でよく使われている。前のカットと後のカットを入れ替える場合に「テレコにする」と言ったりする。
テレコン
Tele Conversion Lens
「ワイコン」参照。
テロップ
Telop
スーパーインポーズで入れる、文字などのこと。以前は「写植」と呼ばれていた。
天カメ お天気カメラのこと。ビルの屋上などに設置して、リモコン操作で動かすカメラ。
電子台本 ニュース番組の台本をあらかじめコンピュータに登録し、「テイク」ボタンで送出を行うシステム。
トークバック 送出副調からスタジオ内、アナブースなどに連絡するための音声装置。
同録 放送を同時に録画すること。また、撮影した映像といっしょに収録された音声のこともこう呼んでいる。
ドライリハーサル 台本を元に出演者の動きを確認するリハーサルのことで、「ドライ」と省略されて呼ぶことが多い。
トラッキング
Tracking
VTRやビデオディスクを再生する際に、テープやディスク上の記録トラックの正確な位置にヘッドを追従させることをいう。
ドリー カメラを水平に動かす映像を撮るために、レールの上に滑車を載せ、その上にカメラを載せて転がす。そのレールをいう。そのため、撮影された映像はドリー・ショットと呼ばれている。
ドロップアウト
Drop Out
テープの傷や、ヘッドの汚れで信号が欠損し、画面にノイズが現れること。
ドロップフレーム
Drop Flame
NTSC方式は、正確には59.94フィールド/秒であるが、通常タイムコードは60フィールド(30フレーム)/秒でカウントしている。その誤差を補正するために、0、10、20、30、40、50分を除く毎正分で2フレームを飛ばすこと。
波断 震度6以上の大地震や津波警報が出た時、及び天皇崩御などの臨時ニュースの場合、通常の番組を中断して、地上テレビ2波と衛星テレビ6波、そしてラジオ3波全てをニュースに切り替えて放送すること。
720p デジタルハイビジョンの走査方法モードで、有効走査線720本を用いるもの。1080iより圧縮効率が高い。
2層記録DVD 一面に2層の記録層があるDVD。片面1層で4.7GBの記録容量に対し、片面2層は、8.5GBの容量を持つ。
塗り絵 映像編集の際に編集を繰り返すとコピーを繰り返しているのと同じになるため、画質が劣化する。そのため、完成後にきれいな画質に戻すため、全てのカットを素材から再度編集(塗り絵)し直すこと。最近では、デジタルビデオを使っているため、理論上、コピーの画質劣化が少ないため、行われていない。
ノイズリダクション 映像や音声でノイズ(雑音)信号を削除する装置(ソフト)のこと。
ノルマル(静止画) 静止画像のことで、写真やグラフ、地図などの画。静止画像になる「ノルマル」に対して、文字などだけを合成することを「スーパー」という。
ノンリニア編集 映像をハードディスクに記録して、コンピュータで行う編集のこと。コンピュータに映像を取り込む時間はかかるが、編集そのものは、テープ編集と異なり、ダビング作業をする必要がないため、編集時間は大幅に短縮できる。ノンリニア編集に対して、テープ編集を、「リニア編集」と呼んでいる。
バーチャルセット
Virtual Set
CGで作った背景を合成できるように青い背景の仮想スタジオ。CGをカメラの動きと連動させることで、非現実的な画面をつくることができる。
ばみる スタジオセットの位置、出演者の立つ位置など、わかりやすくガムテームなどで目印を付けること。
PAL(パル)
Phase Alternation By Line
走査線順次位相方式のことで、ドイツで開発されたカラーテレビ方式。ヨーロッパの多くの国や、中国などアジアの大半の国で使われている。
パン 水平方向にカメラを振って撮影した映像のこと。尚、垂直方向にカメラを動かす場合は、正式にはティルトと呼ぶが、実際にそう呼んでいる人はいないと思われる。ほとんどの場合、パンと呼んで済ませている。
光ファイバー 光を通す細い繊維状のケーブル。光通信によく使われる。従来の同軸ケーブルに比べ伝送損失が小さく、伝送大域幅が広く大容量の伝送が可能、外部誘電を受けにくい、軽い、などの点で優れている。平成12年12月から各拠点局とAKが光ファイバーで結ばれ、HV素材の伝送に利用している。
BS(ビーエス)
Broadcasting Satellite
衛星放送のこと。
PQ(ピーキュー)
Playback Cue Signal
VTRのスタートの場所に入れる信号。送出時、PQを検知するとVTRが止まり、スタンバイ状態となる。
ピクセル
Pixel
画素のこと。表示可能な画像の最小単位で、デジタル画像は、ピクセルを並べることで1枚の画像を表現する。
ビット デジタル情報を表現する単位の一つ。0と1の2種類の値だけをとる単位。ビットを複数並べることで任意の情報を表現することができる。
ビットレート
Bit Rate
一定時間に送ることが出来る情報量のこと。1秒間に送れるビット数は、1bps。SDTVでは7Mbps程度、HDTVでは22Mbps程度のが必要である。
ビューアー
Viewer
フィルムを見るための透過照明と拡大鏡のついた器具。
ビューファインダー カメラの映像を見るためにカメラに付けられたモニターのこと。業務用カメラは一般的にモノクロである。モノクロの方が、ピントやコントラストが合わせやすいためである。
VJ ビデオ・ジャーナリストの略。一人で構成から撮影、編集、コメントまでをこなす。低価格で高画質なビデオカメラの普及で、一人でほとんどをこなす制作形態が増えているが、VJの仕事量は多い。
ピン送り 手前の被写体から遠くの被写体に、または遠くの被写体から手前の被写体にピントを移し、視線を誘導する撮影方法。
ビンテン 三脚メーカーの一つで、Vinten社のこと。
フィールド 映像の単位で、1秒間は30フレームで構成され、1フレームは2フィールドで構成されている。
フィックス
Fix
カメラを固定したまま撮影すること、またはその映像のこと。
フィラー
Filler
風景や動物などの映像のこと。
フェードイン/アウト 映像が次第に濃くなり現れてくるのを「フェードイン」、徐々に薄くなり消えていくのを「フェードアウト」。
俯瞰(ふかん) 高い位置から見下ろすアングル。
フラッシュカット
Flash Cut
短いカットを積み重ねて、イメージや状況を伝える編集方法。
フリッカー
Flicker
画像のチラツキのこと。
プリロール
Pre-roll
リニア編集する際に、再生側と収録側のテープを数秒巻き戻し、助走させることで両者のコントロール信号を合わせること。
ブルーレイ
Blu-ray
青紫色半導体レーザーを使用する光ディスク規格。DVDの5倍以上の記憶容量をもつ。1層のディスクでもフルハイビジョン映像(1980×1080i)を2時間以上収録することができる。
プログレッシブ走査
Progressive Scan
順次走査方式のこと。走査線を1本おきに飛び越すインターレース方式に対し、上から順番に操作していく方法で、画質が良く、圧縮効率が高い。「インターレース走査」参照。
プロデューサー 制作者の意味。業界では、制作の方法、規模、費用、機材、出演者、スタッフ、場所、期間などを決める役割を担う。番組の責任者でもある。
プロンプター カメラの前にコメントを映し出す装置のこと。カメラレンズの前にハーフミラーがあり、そこにコメントを映し出す。一方カメラは、ハーフミラーのため、出演者を映せる。出演者は、カメラ目線で原稿を読むことができる。
プロツールス MA作業を行うPCソフトの一つ。業界で一般的に使われているものです。弊社も導入しています。
フレーム 映像の単位。映像は1秒30フレームで構成されている。
フリーズ 映像のある瞬間を静止画にすること。スチルともいわれる。
プレビュー 試写のこと。映像制作の場合、完成するまでに何度も試写をするのが一般的である。
プレイバック 収録した映像や音声を確認するために再生すること。
ブロードバンド放送 光ファイバーなど、大容量の伝送回線「ブロードバンド」を通じて、番組やデータなどのコンテンツを提供するサービス。双方向機能で、いつまでも見たい番組をオンデマンドで視聴できる。
ベータカム 業務用テープの一つ。アナログ収録時代には、最も一般的に使われてたテープ形式。テープの幅は1/2インチ。かつての家庭用ベータと同じサイズである。
弁当箱 VTRテープ箱の俗称。他の局に映像を送る際、伝送が主流になっているため、テープを郵送する場合など、「弁当箱で送る」といったりする。
方式変換 日本は、NTSCというビデオ方式ですが、他にも PAL、SECAM、MESECAM、PAL−M、PAL−Nが外国で使われています。この方式が違うと、同じ形態のビデオであっても再生することができない。この方式を変えることを方式変換と呼ぶ。また、DV→VHSなど、収録メディアを変えるときも方式変換と呼ばれることもある。
ポストプロダクション
Post Production
映像の制作過程で、撮影終了時点から完パケまでの工程をさし、編集スタジオなどを総称してこう呼ぶ。
ホワイトバランス 光源の色成分の違いを修正するためにカメラに付いている機能。被写体に当たる色成分は複雑なために、色成分によってカメラに写る被写体の色も変わる。ホワイトバランスをとることによって、正確な色を再現できる。
マスター 主調整室のこと。マスター・コントロール・ルームの略。放送を送出する部屋。
マスク
Mask
画面全体または一部分を覆いかけること。画像編集ソフトでは、画面の一部を隠したり、選択範囲を限定するための機能をこう呼んでいる。
街の声 街中で、一般の人たちに意見などを聞くインタビューのこと。
見切れる スタッフやスタジオセット以外のものなど、本来映ってはならないものが映ってしまうことをこう呼ぶ。
ミドルショット
Middle Shot
人間を撮影する場合のサイズのひとつ。アップとロングの中間サイズ。大体半身から7分身位。
ミニハン ミニハンディーカメラの略。小さくて持ちやすいENGカメラのこと。ΒCAMやHDCAMで取材することをいう。
無人カメラ ある場所に設置され、常に映像を送り続けるカメラ。定点カメラ。
メタデータ
Meta Data
データについての情報を記したたデータで、膨大なデータから目的のデータを探し出す手助けするために作成される。
モザイク
Mosaic
映像加工の一つで、画面のうち、全部または一部の映像を乱し、何が映っているのかを分からなくする。
モンタージュ 各カットをつなぎ合わせ組み立てること。場面の転換や時間の省略を、見ている人に違和感を持たせないようにする編集の基本的手法。
八百屋 物を置く台を斜めに角度を付けること。カメラ側に角度を付けることで、その上に乗る被写体を撮影しやすくなる。八百屋の陳列方法から来てる言葉と思われる。
やりくり 同じ素材に入っている2つの素材で映像合成をする場合など、編集分とは別のテープを作って作業すること。
ユニ取材 独自に取材すること。「代表取材」を参照。
Uマチック 3/4インチカセットテープのこと。1インチテープが使われる前に使われていた。名前の通り3/4インチ幅のテープである。
3/4インチ テープ幅が3/4インチのテープ。カセット式でかつては業務用として使われていた。
ヨミゲン ニュースやお知らせなどの台本の略称で、文章を中心としたもの。顔出しの部分と顔が出ない部分が記され、B5サイズ、10行縦罫線の用紙が一般的に使われる。
ラッシュ 未編集の映像素材のことで、これを見ることを「ラッシュを見る」という。 
ランドライン マイクロラインのうちCS回線でないもの。地上回線のこと。
リップシンク
Lip Sync
映像の口の動きと音声が一致すること。衛星中継などを行うと映像信号は様々な補正回路を経由するため、音声より遅れてしまうことがある。
リバーブ 残響装置で、音声加工機材の一つ。エコーなどをかけるときに使う装置。
ルーズショット
Loose shot
被写体を引いた画角で撮影した映像。
レイヤー
Layer
層のこと。ノンリニア編集や画像加工ソフトで加工をする際に、いくつものカットを層状に重ねて作業する。この各層をレイヤーと呼ぶ。
レター(ボックス)サイズ   横長サイズの画面の総称。ハイビジョン映像を525映像にダウンコンする場合、16:9の構図を維持するため、上下に黒い部分をつけた画像のサイズ。
レフ板 光を反射させて被写体にあて、明るく撮影するために用いられる反射板。
レンダリング
Rendering
ノンリニア編集機などで映像加工をする際、コンピュータが画像処理の計算をすること。
ロール
Roll
テープの巻数を数える単位。撮影の順番にR−1、R−2のように表記することが多い。
6ミリ オープンリールタイプの音声テープ。テープ幅が1/4インチ(6・3ミリ)のためこう呼ばれる。現在はデジタル化が進み、ほとんど使われなくなっている。
ロケハン
Location Hunting
ロケーションに適した場所を撮影前に調査すること。
ロング
Long
遠景のことで、撮影現場の状況を表現する広い画角の映像。
ワイコン
Wide Conversion Lens
標準レンズよりの前につけて画角を広げるレンズのこと。
ワイプ
Wipe
画面を切り替える編集方法の一つ。一つの画面から縦・横・斜め方向へぬぐうように切り替える。
わかめ ビデオテープが何らかの原因でVTRの中で絡まり、ぐちゃぐちゃの状態になること。「わかめ状態になった」などという。
ワーク編集
Work editing
オフライン編集のこと。
▲このページのトップに戻る